訪問査証(VIVIS)日本人用・取得のご案内 (東京領事館)
商談・視察(ビジネス)
 
ブラジル入国には査証(ビザ)が必要です。
申請に必要な書類は下記の通りです。
申込フォームまたはお伺い書必要箇所にご記入の上、メールまたはFAXで弊社宛お送り下さいませ。

商用ビザの場合、管轄地域に関係なく東京領事館で申請することが出来るようになりました。

※商用査証(ビザ)では移住、就学、就労及び報酬を得る活動は一切認められません

商用査証(ビジネスビザ)適用ケース一覧:
A. 商談・商用(技術指導、機械操作、メンテナンスは不可)
B. 報道活動(短期滞在)
C. 撮影(撮影スタッフ及び出演者)
D.ブラジル国籍未成年者との養子縁組
E. ブラジル国内での客船または旅客機クルーとの合流
F. 国際客船(45日以下の航海日数)
査証料金: 10,400円+代行手数料 + (2017/11/01より銀行手数料500円が加算されます)
最長滞在期間: 90日
最長有効期間: 3年
マルチプルエントリービザ(数次入国査証)

必要書類
オンライン申請書の入力のみでは、ビザ申請になりません。申請書及び必要書類を持参のうえ、来館をして頂き、窓口で提出される時点でビザの申請となりますのでご注意下さい。

A. 商談・視察等の短期出張者・ジャーナリスト
(1)パスポート 有効なパスポート(原本):申請時、見開き2ページの余白ページが必要です
(上記の条件に満たない場合は更新または増刷手続きが必要です)
(ビザ受領日までお預かりとなります)
申請時から数え残存有効期間が6ヶ月以上のもの
(最近1年以内に渡航歴のある方は旧バスポートの提示も必要)
・過去3年以内に観光ビザもしくは商用ビザの発給を受けた場合、
ビザが貼られているパスポート(例え期限切れでも)をご提出ください
(2)写真 カラー写真1枚(縦4.5cm X 横3.5cm)6ヶ月以内撮影のもの(写真の規定
(3)申請書 オンライン申請書控え(Recibo de Entrega de Requerimento ? RER)
右記リンク先(https://formulario-mre.serpro.gov.br)にて全ての欄を入力後、最後のページを印刷し、2)のカラー写真を貼り付け、1)のパスポートと同じ署名をしてください。
入力方法についてはビザオンライン申請のご案内をご欄下さい。
(この書類は弊社で作成し、メールまたは郵送でお手元にお送りします。)
(4)未成年者 未成年者(18歳未満)の場合
   ①オンライン申請書(Recibo de Requerimento de Entrega ?RER)
・申請書の署名欄には双方の保護者(父と母の双方もしくは後見人)のご署名が必要です。渡航される未成年者本人のご署名は必要ありません
・ご署名はパスポートと同じ署名でお願いいたします
   ②戸籍謄本
・3ヶ月以内に発行されたもの
・戸籍に登録されている者達の氏名及び出生地を別紙にローマ字でご記入し、添付してください(形式は問いません)
  ③渡航同意書
単独または片方の保護者のみと旅行される場合、同行されない保護者の同意書が必要です(同意書はこちら)
同意書のご署名はパスポートと同じ署名でお願いいたします。印鑑を押印される場合、印鑑証明書を添付してください
  ※双方の保護者が同行される場合、同意書は不要です
   ④親がブラジル国籍者の場合
ブラジル国籍者の子は出生地に関係なくブラジル国籍を取得し、ブラジル国パスポートで入国できます
詳しくはこちら ※ポルトガル語のページです
渡航目的に応じたその他の書類
A. 商談・商用
①申請者が所属する企業の推薦状(ポルトガル語又は英語。推薦状テンプレート)
推薦状には下記事項を必ずご明記ください:
1. 所属企業のレターヘッド
2. 申請者の氏名、職業、役職
3. 渡航目的
4. 出発日、入国日・地点、滞在期間
5. ブラジルでの取引先(企業名、住所、電話番号、担当者氏名)
6. 申請者がブラジル滞在中に技術支援を行わない旨の誓約
7. 申請者の往復旅費、滞在費及び身元の保証
8. 企業代表者の署名(申請者本人が署名した推薦状は無効となります)
B. 報道活動(短期滞在)
①申請者が所属する報道機関の推薦状(ポルトガル語又は英語)
推薦状には下記事項を必ずご明記ください:
1. 所属報道機関のレターヘッド
2. 申請者の氏名、職業、役職
3. 渡航目的
4. 出発日、入国日・地点、滞在期間
5. ブラジルでの連絡先(住所、電話番号、Eメール、)
6. 申請者がブラジル滞在中に撮影を行わない旨の誓約
7. 申請者の往復旅費、滞在費及び身元の保証
8. 企業代表者の署名(申請者本人が署名した推薦状は無効となります)
C. 撮影(商業作品、ドキュメンタリー等)
①ブラジル国立映画庁(ANCINE)の撮影許可証
②撮影を希望する制作会社の推薦状(ポルトガル語又は英語。ブラジル国立映画庁へ送られた申請書のコピーでも可)
推薦状には下記事項を必ずご明記ください:
1. 制作会社のレターヘッド
2. 撮影スタッフ及び出演者の氏名、役割
3. 撮影のテーマ、場所、期間
4. ブラジルの共同制作会社(会社名、住所、電話番号、Eメール)
5. 撮影スタッフ及び出演者の往復旅費、滞在費、撮影費及び身元の保証
6. 企業代表者の署名(申請者本人が署名した推薦状は無効となります)
③ブラジルの共同制作会社の誓約書(管轄機関の事前許可なく原住民保護区又は自然保護区で撮影しない旨の誓約)
D. ブラジル国籍未成年者との養子縁組
※注意①:本査証(ビザ)は当館の管轄地域在住の方の申請のみ受け付けています(管轄地域)
※注意②:本査証(ビザ)の有効期限は最大で90日です
①国際養子縁組を許可した判決書のコピー又は同等の書類
②往復航空便の予約確認書(氏名、予約番号、航空会社名、飛行機便名、ブラジルへの到着及び出国の空港名、日付、運賃が記載されたもの)
③ブラジルでの連絡先(身元保証人の氏名、住所、電話番号)
E. ブラジル国内での客船または旅客機クルーとの合流
※注意:国際乗務員手帳または国際船員手帳を所持している場合、この査証(ビザ)は免除されます
①申請者が所属する海運会社または航空会社の推薦状(ポルトガル語又は英語)
推薦状には下記事項を必ずご明記ください:
1. 所属会社のレターヘッド
2. 申請者の氏名、職業、役職
3. 渡航目的
4. ブラジルでの連絡先(住所、電話番号)
5. 申請者の往復旅費、滞在費及び身元の保証
6. 企業代表者の署名(申請者本人が署名した推薦状は無効となります)
F. 国際客船(45日以下の航海日数)
※注意:国際船員手帳を所持している場合、この査証(ビザ)は免除されます
①申請者が所属する海運会社による下記内容を保証する誓約書(ポルトガル語又は英語):
1. 航海日数が45日以下である
2. 旅客の大半が外国籍(ブラジル以外の国籍)者である
3. ブラジル国内の都市間での旅客輸送を行わない
4. 企業代表者の署名(申請者本人が署名した推薦状は無効となります)