期間限定・ウユニ塩湖・神秘の絶景と満天の星空観賞の旅

   (時空を超えて地球と宇宙の接点を見る)

ボリビアの絶景として注目を浴びるウユニ塩原はボリビア中央西部のアルティプラーノにある塩の大地で標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、面積約10,582km2の広大な塩原で広さは秋田県くらいあるという。
この塩原は高低差が100km四方で50cmしかなく世界でもっとも平らな場所と言われています。
12月後半~4月ごろの雨季になると、表面に数cmから50cmの水が溜まり、天空の鏡と言われる美しい風景を作っている。
特に雨季の終わりの新月の夜で風のない日、天空の満点の星空が湖面に映し出されると時空を超えて宇宙と地球が一体となる。
この奇跡の一瞬を一人でも多くの人に楽しんで頂きたいと期間限定の実施日を選びました。
(生憎の天候で雨が降ったり、風があって湖面に映る星空が思ったように見えないこともあることをご承知おきください
旅行期間:2018/03/15~2018/03/19 (5日間)  ツアーNO. 1703A
1 旅行期間 2018/03/15~2018/03/19 (5日間)
2 訪問地域 ラパス/ウユニ/ラパス
3 催行人数 2名様以上-参加人数に応じて料金が変わります。(混載ツアー)
4 旅行費用 2名様参加の場合 お一人様当たり 244,000円
4名様参加の場合 お一人様当たり 218,000円
5 費用に含まれるもの 全行程におけるエコノミークラスの航空運賃
食事: 朝食4回、昼食4回、夕食4回
移動費およびホテル料金(二人部屋基本)
観光地における英語ガイド料、入場料
6 費用に含まれないもの ラパス/ウユニ/ラパスの運賃 約55,000円(契約時の空席状況で異なります)
個人的性質の諸費用
超過手荷物運賃
食事中の飲み物および*印の食事
月日 都市名 時間 交通手段 ツアー内容・宿泊地・食事
3/15
(木)
ラパス到着後ホテルに移動
ラパス: Camino Real Apart Hotel **△
3/16
(金)
ラパス 05:04 専用車 ラパス到着後、入国審査、通関後ホテルへ移動
午前中、高山病対策の為、ホテルでゆっくり過ごします。
午後からラパス半日市内観光
(ティワナク博物館、月の谷など)

昼食+夕食込み
ラパス: Camino Real Apart Hotel △○○
月の谷 月の谷 ティワナク博物館 博物館の展示品
3/17
(土)
(新月)
ラパス
ラパス
ウユニ
05:30
07:30
08:15

19:00
19:30

(専用車
Z8302
ホテルをチェックアウトし、ラパス空港へ移動
アマゾナス航空にてウユニへ移動
ウユニ到着後、現地ガイドが出迎え
列車の墓場、コルチャニ村(塩の精製所)を見学
ウユニ塩湖観光/16:30頃-20:00頃まで
夕日観賞: 18:00頃~19:30頃
昼食+夕食込み
新月の夜は満天の星空を鑑賞します。19:30頃~20:00頃
ウユニ: Tonito Hotel ○○○
ウユニ塩湖の塩の山 朝日を持ち上げる 幻想的な星空 満点の星空と天空の鏡

3/18
(日)
ウユニ 05:00



19:30
ホテルをチェックアウトし、塩湖の朝日を鑑賞
ウユニツアー ウユニ塩湖に写る天空の鏡を堪能
昼食+夕食込み
満天の星空を鑑賞します。19:30頃~20:00頃
ウユニ: Hotel de Sal Luna Salada (塩のホテル) ○○○
ウユニ塩湖の朝日 円空の鏡と扇 天空の鏡のランチタイム ウユニ塩湖に夕日が沈む
3/19
(月)
ウユニ

ウユニ
ラパス

16:35
17:25

Z8307
専用車

ウユニ塩湖の朝日を観賞
昼食後、ウユニ空港に移動し搭乗手続き
アマゾニア航空にてラパスへ移動
ラパス到着後、ホテルに移動しチェックイン
ラパス:Camino Real Apart Hotel ○○○
魚島のサボテン 魚島のサボテン 魚島のサボテン トリック写真も簡単
○印の食事は含まれています。△印は機内食。*印の食事は現地にて各自お支払いください。

期間限定・世界遺産クスコ4大遺跡と空中都市マチュピチュ観光の旅

  (アンデスの山々を眺め、高山列車で空中都市マチュピチュを目指します)

●クスコのみどころ
ボリビアのラパスとウユニ塩湖を楽しんだ後、時間と予算に余裕がある方はペルーのインカ帝国の遺跡をご覧ください。
クスコ はアンデス山脈中の標高3,400mにあるクスコ県の県名および県都の地名で人口約30万人である。16世紀(1532年)に、スペインの征服者フランシスコ・ピサロ(Francisco
Pizarro)によって帝国が終わりを告げた後、スペイン植民者が都市を侵略した。植民地化の結果は都市の建築を通してみえる。スペインの建物はインカによって建設された巨大な石の壁の上に作られている。これらインカ時代の石積みは、石と石のあいだに「カミソリの刃一枚通さない」といわれる巧緻さで有名である。また、周囲にはサクサイワマン遺跡・ケンコー遺跡など、数多くの遺跡が点在する。1983年、世界遺産(文化遺産)に登録される。現在は、マチュ・ピチュ遺跡との間、およびチチカカ湖のほとりのプーノとの間にペルー南部鉄道が走っているほか、首都リマからは空路で接続されている。バスも各地との間に運行されているが、道が悪く、特に雨期は空路・鉄道と比べて確実ではない。

●マチュピチュのみどころ
マチュ・ピチュ(Machu Picchu)は、現地語では「老いた峰」の意味で、よく保存されたインカの遺跡である。ペルーのウルバンバ谷 (Urubamba valley) に沿う高い山の尾根(標高約6,750ft、2,057m)に位置し、山裾からはその存在を確認できない。しばしば《インカの失われた都市》あるいは《空中の楼閣》と呼ばれる。この遺跡には3mずつ上がる段々畑が40段あり、3,000段の階段でつながっている。遺跡の面積は約13Km2で、石の建物の総数は約200戸が数えられる。マチュ・ピチュに関する多くの謎が未だに解明されていない。熱帯山岳樹林帯の中央にあり、植物は多様性に富んでいる。行政上クスコと同じ地域に属している。現在ペルー国内では10ヶ所あるユネスコの世界遺産のうちでは最初にクスコと同時(1983年)に指定された。南緯13度で、10月から4月までの雨季と乾季に分かれる。未だに解明されていない多くの謎がある遺跡でもある。2007年7月、新・世界七不思議の1つに選ばれた。この都市は通常の都市ではなく、インカの王族や貴族のための避暑地としての冬の都(離宮)や、田舎の別荘といった種類のものであった。遺跡には大きな宮殿や寺院が王宮の周囲にあり、そこでの生活を支える職員の住居もある。マチュ・ピチュには最大でも一時に約750名の住民しかいなかったと推定され、雨季や王族が不在の時の住民は、ほんの一握りであったと推定されている。この都市はインカの王パチャクティ(Pachacuti)の時代の1440年頃に建設が着手され、1532年にスペイン人により征服されるまでの約80年間、人々の生活が続いていた。

旅行期間2018/03/20~2018/03/22 (3日間)  ツアーNO. 1703B
1 旅行期間 2018/03/20~2018/03/22 (3日間)
2 訪問地域 クスコ/マチュピチュ/リマ
3 催行人数 2名様以上-参加人数に応じて料金が変わります。(混載ツアー)
4 旅行費用 2名様参加の場合 お一人様当たり 168,000円
4名様参加の場合 お一人様当たり 153,000円
5 費用に含まれるもの 全行程におけるエコノミークラスの航空運賃
食事: 朝食4回、昼食4回、夕食4回
移動費およびホテル料金(二人部屋基本)
観光地における英語ガイド料、入場料
6 費用に含まれないもの 個人的性質の諸費用
超過手荷物運賃
食事中の飲み物および*印の食事
月日 都市名 時間 交通手段 ツアー内容・宿泊地・食事
3/20
(火)
ラパス
ラパス
クスコ
10:40
10:40
P9330
専用車
ペルビアン航空にてクスコへ
クスコ到着後、現地ガイドが出迎え
世界遺産クスコ市内観光と近郊4遺跡の見学

昼食+夕食込み
観光終了後、ホテルに移動し休息
クスコ ::Novotel Cusco ○○○
ラ・コンパニー・デ・ヘスス教会 ロレト通りの石の壁 サクサイワマン遺跡 守り神ジャガーの像
3/21
(水)
クスコ
オリャンタイタンボ
マチュピチュ

マチュピチュ

オリャンタイタンボ

クスコ

早朝
08:29

09:34

15:20
17:07

専用車
高山列車
バス

高山列車
専用車

早朝、専用車にてオリャンタイタンボまで移動
オリャンタイタンボ到着後、列車に乗り換えマチュピチュへ
マチュピチュ駅到着後シャトルバスに乗車遺跡に移動
現地ガイドの案内で主要な遺跡を見学
遺跡を見学後、再びオリャンタイタンボ経由でクスコへ

高山列車でオャンタイタンボ駅へ

オリャンタイタンボ駅から専用車でクスコへ

昼食+夕食込み
クスコ到着後、ホテルに移動
クスコ ::Novotel Cusco ○○○
空中都市マチュピチュ遺跡 太陽の門から望む 太陽の神殿 インティワタナ(日時計)
3/22
(木)
クスコ
クスコ
リマ

05:30
07:30
09:05

専用車
LA2010
専用車
ホテルをチェックアウトし、クスコ空港へ移動
ラタム航空にてリマへ
リマ空港到着後、リマ市内観光にご案内
(世界遺産登録の旧市街地、黄金博物館を見学)

昼食+夕食込み
空港にお見送り
機内泊 ○○○
カテドラル チャイナタウン 黄金博物館 ラファエル・ラルコ・エレラ博物館
○印の食事は含まれています。△印は機内食。*印の食事は現地にて各自お支払いください。
株式会社 あすてるトラベル (ASTEL TRAVEL, INC.)


〒141-0031 東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル8F

TOC bldg 8F, 7-22-17 Nishigotannda, Shinagawa-ku, Tokyo 141-0031 Japan

TEL. 050-3774-6978 FAX. 03-5436-5803

E-mail : info@asteltravel.com