電子査証(e-Visa)発給開始のご案内 
観光・商用・通過・ジャーナリズム・スポーツ活動など

2018年01月11日(木)より電子査証システム(e-Visa)を開始いたします。

現在、オーストラリア及び日本国籍所有者のみ適用されます。後にカナダや米国国籍所有者に順次適用される予定です。
観光・通過・商用ビザに適用され、有効期間は最長2年となります。
また、ビザ発給を受ける際、手持ちのパスポートの有効期限が2年未満の場合はパスポートの有効期限が最長有効期間となります。
インターネットサイト(https://formulario-mre.serpro.gov.bre-Visaよりアクセスし、ユーザーIDとパスワードを登録します。次に申請書のご記入、書類や写真のアップロード、査証料のお支払いをします。
査証料はUSD40+VFS手数料USD4,24+代行手続き料です。
手数料のお支払いが完了しましたら、ビザの許可が下りるまでしばらくお待ち下さい。
許可が下りましたらPDFファイルのe-Visaをダウンロードして印刷し、搭乗及び入国手続き時に提示する必要がありますので、ブラジル出国までに必ずお持ち下さい。


e-Visa申請に必要な書類はパスポートのコピーと写真です。
写真は今まで通りの規定、または、日本のパスポート用の写真と同じサイズでお願いします。
背景は白です。写真に問題があった場合は、手続きが中断され、申請者に返却されますのでご注意下さい。
未成年の場合は、ご本人のパスポートのコピーと戸籍謄本が必要です。
単独または片方の保護者のみと旅行される場合、同行されない保護者の同意書が必要です。
同意書のご署名はパスポートと同じ署名でお願いいたします。印鑑を押印される場合、印鑑証明書を添付してください。
電子査証システムが開始されますが、今まで通りブラジル領事館にてビザの申請は可能です。


概要
eビザは、オーストラリアと日本国籍保持者が申請できる電子ビザです。
下記の条件を満たす方々は、eビザ申請が可能:
ブラジルへの入国目的が訪問である。(下記条件を参照)。
ブラジルの滞在期間は90日未満となる。
オーストラリア、または日本のパスポートを所持している。
訪問ビザの有効性は、申請者の国籍によって異なります。一般に、発行日から2年またはパスポート有効期限のいずれか早い方までです。

重要なお知らせ
下記のカテゴリー/サブカテゴリーが適応する場合、ブラジル訪問ビザを申請できます。
ビジネス
ビジネス訪問者とは、会議やトレードフェア、ビジネスイベントへの参加やビジネス機会を検討する目的および、監査官、コンサルタント、契約書への署名などでブラジルを訪問する目的の方々です。また、報酬を目的としない、90日未満の滞在にかぎります。
観光
観光ビザは、滞在中のレクリエーションを観光客として行動する場合で、家族訪問もここに含まれます。
通過
通過訪問者は、目的地に到達するためにブラジル国土に入国する必要がある場合です。。ブラジルでの途中降機や乗り換えをする継続的な旅路ではビザは不要です。ただしこの場合、 i)ブラジルの入国管理を通過せず、ブラジルの港または空港の国際交通機関施設内に滞在していることと、ii)航空券が2社以上の航空会社協力によって発行されている場合であっても、航空券の所有者であることが条件となります。
ジャーナリズム
ジャーナリズム訪問者は、ジャーナリストとして活動し、滞在期間を90日未満とする。
スポーツ活動
このタイプの訪問者は、短期滞在中スポーツ活動を行い、現金を含む賞品をうけとるスポーツ競技に参加しようとする者であっても、ブラジルでの居住を目的としない者です。
芸術活動
このタイプの訪問者は、短期滞在中芸術活動を行い、または現金を含む賞品をうけとる芸術協議に参加をする者であっても、ブラジルでの居住を目的としない者です。
セミナー、カンファレンス
このタイプ訪問者は、特定のイベントとして特徴付けられたカンファレンス、セミナー、または議会や会議に参加するためにブラジルを訪問する者で、かつ滞在中の活動に対して報酬を受け取らない場合に適応します。このビザは、直接、または日々の滞在費、交通費、食費の払い戻しを受ける場合でも認められます。
文化事業
このタイプの訪問者は文化活動を希望する者です。
科学活動
このタイプの訪問者は、科学的研究および科学的協力活動を実施することを希望し、滞在期間を90日未満とする者です。
研究活動
このタイプの訪問者は、学術的拡張の活動を希望し、滞在期間を90日未満とする者です。
研究
このタイプの訪問者は、インターンシップの監督に加え、教授、または修学活動を希望し、滞在期間を90日未満とする者です。
乗組員
このタイプの訪問者は、国際労働機関ILO条約の条項の下で発行された国際船籍カードを訪問者が提示した場合を除き、航空機または船乗員として行動する者です。
奉仕活動
このタイプの訪問者は、ボランティア活動を希望し、滞在期間を90日未満とする者です。
ブラジル国民の婚約者または配偶者
このタイプの訪問者は、ブラジル人配偶者、および家族を訪問する目的で、ブラジルを訪れる者です。
短期医療
このタイプの訪問者は、滞在期間が90日を超えず、かつ、滞在中の治療費と維持費を支払うのに十分な資金を有し、短期において医学的治療を受ける者です 。国の健康保険、または国際協定に規定されている保健サービスの提供証明書が有効です。

必要書類
eビザを申請する場合は、以下の書類をアップロードする必要があります:
下記の書類をメールでお送り頂くか、郵送にてお送り下さい。
(1)パスポート パスポートバイオページ(カラー)および住所ページ(必須ではない)
パスポートオリジナルは必要ありません。
(2)カラー写真 カラー写真1枚(縦4.5cm X 横3.5cm)6ヶ月以内撮影のもの (写真の規定
写真仕様
パスポートサイズの写真はICAO規格に準じているものとなります: 白い背景に対し、前方から撮影されている写真。
フレームの中央部へ顔と肩を合わせて向ける。
反射、影、光の入った写真は認められません。
目を開いた自然な表情。
眼鏡のレンズは反射が入らないよう注意をする。影、色つきのレンズや医療目的以外の眼鏡の着用は不可。
宗教上の理由以外での、帽子や被り物の着用は認められません。また、着用する場合は申請者の顔を完全に覆うものは認められません。
子供の申請者は、おもちゃ、おしゃぶり、または本人以外の人の手などが写っているものは受け付けられません。
(4)未成年者
(18歳未満)の場合
未成年(18歳未満)の場合、法定後見人または両・方親から次の書類を提出する必要があります。
*パスポートバイオページ
*写真
*同意書(両親1または両親 2または法定後見人を選択した場合)こちらをクリックして、同意書へアクセスすることができます。
申請中,追加書類の提出で、例えば未成年者の出生証明書が必要になる場合があり、これら書類はオンラインポータルからアップロードする必要があります。
追加書類の提出が必要な場合は、申請提出日から30日以内の提出が必要です。
生年月日に基づき、申請者が未成年者の場合は、親基準に基づいて追加書類をアップロードする必要があります。 申請者は親1 /親2 /法的保護者のいずれかを選択します。

申請者は、両親、親1と親2の両方を選択し、バイオページと両親の写真、両親が署名した認可書をアップロードします。
申請者が片親または法的保護者のいずれかを選択した場合、片親または法的保護者の1人だけがバイオページおよび写真と一緒に、申請者との関係性を弁明する有効な文書をアップロードする必要があります。
ユーザーは、親または法的保護者を選択した後に文書をアップロードするよう要求された場合、同意書をアップロードする必要があります。
以下が親1 /親2 /法的保護者のアップロードしなければならない書類
両親/法的保護者の両方が署名した承認書。
親1 /法的保護者1、パスポートバイオページ
親2 /法的保護者1、パスポートバイオページ
親1 /法的保護者1の写真
親2 /法的保護者2の写真
親が1人のみの場合、親が1人しかいない理由(親2、親権保持者1、死亡証明書、出生証明書、親親権の法的文書など)