グアテマラ共和国 世界遺産
世界遺産登録名
登録区分
登録年
備考
1. ティカル国立公園
複合遺産
1979
  
2. アンティグァ・グアテマラ
文化遺産
1979
 
3. キリグアの遺跡公園と遺跡群
文化遺産
1981
       
1ティカル国立公園 (Tikal National Park)
複合遺産
1979
ティカル国立公園は、マヤ文明最大最古の都市遺跡で、グアテマラ北東部のペテン州の密林地帯にあります。
都市部にあたるエリアだけでも約16平方kmありますが、4000以上の建物跡を含め、小さな建造物が散在しているため、遺跡全体としては、120平方kmもの広さがあります。テオティワカン文化の強い影響を受けている古代都市・ティカルには、紀元前から人が住んでいたとされ、3~8世紀には周辺を従え、マヤ古典期の初期から中心都市として栄えましたが、10世紀頃になると他の低地マヤ諸都市のように捨てさられてしまい、その理由は未だ解明されていません。しかし、海抜250mの密林の中に立ち並ぶピラミッド状の数々の神殿は、ジャガー、仮面、双頭の蛇などと名づけられていたとされ、持送り式アーチで作られた宮殿や建造物複合体群を結ぶ大通り、漆喰(しっくい)彫像の建築装飾や石碑などは、マヤ文明の都市建築技術をうかがい知ることができます。
2.アンティグァ・グアテマラ (Antigua Guatemala)
文化遺産
1979
古都アンティグァ・グアテマラは、首都グアテマラ・シティの西40kmにある富士山のような形をしたアグア火山など3つの山に囲まれた標高1520mの古都です。
アンテイグア・グアテマラとは「古き良きグアテマラ」の意味です。大聖堂がそびえる中央広場を中心に碁盤の目のように道路が敷かれ、広場を囲んで、旧グアテマラ総督の宮殿、ラ・メルセー教会、修道院やコロニアル風の建物が静かにたたずみ、石畳の美しさが印象的です。中米ではもっとも華やかな都市として栄えましたが、1773年の大地震による崩壊で、首都がグアテマラ・シティに移されました。建都以来、たびたび地震に襲われたため、イスラムの影響を受けたスペインの様式と先住民の様式を融合したバロック様式の建物には耐震性が加えられ、厚い壁、低い天井、両端に塔を備えた独特の構造になりました。
3.キリグアの遺跡公園と遺跡群 (Archacological Park and Ruins of Quirigua)
文化遺産
1981
キリグア遺跡公園は、グアテマラの東に位置するホンジュラスのコバンの北50㎞モタグア川の湖畔の密林地帯にある古代マヤ文明の遺跡です。その後738年、コパン13代王はカオヤックスカイに殺される。 キリグアの立派なステラはそのコパンを倒した勢いで作られたもの(砂岩)らしいことがステラの内容から分っています。従って、遺跡のステラは全て738年以降のものということになります。コパンでもっとも勢いのあったコパン13代王を倒したのがよほどうれしかったのか、ステラにはカオヤックスカイの人物像と、その時の内容をを記した史書が多く、ステラそのものに関してはコパンの遺跡より大きく立派なものになっています。その後コパンは衰退、変ってキリグアが台頭しました。