■エルサルバドル
エル・サルバドルははっきりとした雨季と乾季に分かれる熱帯気候であり、気候は主に光度によって変化するが、多少は季節の変化によっても変化する。太平洋側の低地は一様に暑く、中央高原と山地は快適な気候になっている。雨季は5月から10月までである。年間の降雨量の殆どはこの時期に集中し、特に南部の丘陵地帯では年200センチにも達する。保護地域と中央高原はこれよりも少ないが、それでも量は多い。この時期の雨は主に太平洋からの低気圧により発生し、主に午後の雷雨となって降雨する。時々ハリケーンが太平洋から飛来するが、ハリケーン・ミッチのような例外を除いてほとんどエル・サルバドルには影響しない。