ボリビアのみどころ

ボリビア共和国
(Repbulic of Bolivia)

概況 外務省のHPに移動します
現地ツアー 現地ツアーに移動します
アルバム フォトギャラリーへの入口
祝祭日
祝祭日を知っておくと便利
気候 国別の平均的な気候
世界遺産 国別の世界遺産に移動します

基本情報
ボリビア共和国、通称ボリビアは、南アメリカの国。国の面積はアメリカ大陸では8番目で世界的には27番目に大きい国である。かつてはもっと大きかったが、周辺国との戦争に負け続けたために、現在では最大時の半分ほどになってしまった。北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、そして南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国である。憲法上の首都はスクレだが、国会をはじめとした政府主要機関はラパスにある。
ラテンアメリカでも最も開発の遅れた国の一つで、かつて「黄金の玉座に座る乞食」と形容されたほど豊かな天然資源を持つが貧しい国であり、現在もその構図は変わっていない。太平洋戦争による敗戦以来内陸国となったボリビアの地理は大きく3つに分けられる。一つはチチカカ湖から南に貫くアンデス山脈の地域で、標高3000m以上あり年中寒冷な気候を持つ。ラパス市・オルロ市にかけて標高4000mくらいの広大な平らな土地が広がり、この地域はアルティプラーノと呼ばれる。
各都市案内
●ボリビアの主な都市の観光ポイント(都市名をクリックするとそれぞれのみどころが表示されます)
ラ・パス 標高3600m.の高地。ボリビアの首都で、近くにはティワナク遺跡などみどころが一杯。
サンタ・クルス 日本人移住地があるボリビア第二の都市、近くには世界遺産登
ウニユ 世界最大の塩原、面積12000㎢の広大な塩の大地だ。地球の不思議を感じる。
ポトシ 標高4000m.のポトシ市街 (City of Potosi )は世界遺産に登録されている。
スクレ 古都スクレは世界遺産にも登録されている。世界最大級の恐竜の足跡の化石がある。.
オルロ 南米三大祭りのひとつ、オルロのカーニバルは沢山の人で賑わう。
●アルバム フォトギャラリーにリンクしています。
ラ・パス
サンタ・クルス
ウユニ

ポトシ
 
スクレ
オルロ