2014 FIFAワールドカップ・ブラジル・都市のみどころと現地ツアー

マナウス - アレーナ・アマゾニア競技場  World cup Topへ
スタジアム名:Arena Amazônia
都市名: Manaus
建設年:2013
収容人数:42,374

試合日程(現地時間)
06/14 21:00 イングランドXイタリア
06/18 18:00 カメルーンXクロアチア
06/22 18:00 アメリカXポルトガル
06/25 16:00 ホンデュラスXスイス

マナウスのみどころ
大西洋のアマゾン川の河口より約1700キロ上ったブラジル北部にあり、19世紀に天然ゴムの集積地として開かれて以来、アマゾン内部の経済、交通および流通の要衝都市として繁栄して来た。現在の人口は約150万人で、ブラジルのアマゾン地域最大の都市である。
市内には開拓時代に建設されたヨーロッパ風の建築が多く残っており、また、アマゾン地域の多くの国立公園、環境保護区に隣接しているため、アマゾン観光の中心地としても有名である。また、1967年に経済フリーゾーン(免税都市)に指定されたため、近年は日本のヤマハ発動機などのほかヨーロッパ、アメリカ企業の工場の進出が目立っている
アマゾナス劇場(Teatro Amazonas‐Praça Sao Sebastião, s/n, Centro)
1896年建てられたルネッサンス様式のオペラハウス。建造物は絢爛華美。屋内の壁画はフランス、イタリアの画家によるもので、建築資材の木材はマナウスから欧州に送り、加工したものを返送したもの、大理石はイタリア、ポルトガル、鋳鉄製の階段や手摺はイギリスから当時輸入したものである。劇場内には700席が設けられており、そのうち450席は2階から5階のバルコニーも並ぶボックス席となている。
中央市場 (Mercado Munincipal Adolpho Lisboa)
1882年にパリの中央市場レザル(Les Halles)を模して造られた市場で、ネグロ川に面して建つアール・ヌーヴォー式の建物には、フランスから輸入したステンドグラスや鋳造鉄の資材が用いられている。正面玄関は北側で、ここから入ると穀物やアマゾンの薬草などの土産物を売る店が並ぶ。木彫りの飾り物やピラニアの置物、独特の形をした魔よけのお面、強壮剤のガラナなどが所狭しと並ぶ。隣の建物には魚市場があり、アマゾン河で取れた巨大なナマズやピラルクー、熱帯魚のアロワナやピラニアなどが並べられている。
アマゾン河合流点 (Encontro das Aguas)
マナウスから下流に約10km.行った地点で、ネグロ川とソリモインス川が合流しているところがある。この合流点からアマゾン河が始まる。ふたつの河川は比重と流速の違いから混じりあうことなく、乾期で17㎞、雨期には70kmもはっきりとした境界線を見ることができる。ネグロ川はコロンビアの高原に水源をもち、浸水林の中を流れてくる為、黒い色をしている。ソリモインス川の水源はペルーにあり、アンデスの雪解け水を集めて流れてくる為に泥を含んだ黄土色をしている。ネグロ川は水温28度、流速毎時3-4km、ソリモインス川は水温22度、流速毎時7-8kmという。
ピラニアフィッシング (Piranha Fishing)
アマゾンツアーの楽しみの一つにピラニア釣りがある。現地ガイドが用意する竹竿に糸と針がついた単純な釣竿で、ポイントに到着したら釣竿でバチャバチャと音をたてて竹竿で水面を叩く。動物か何か獲物が川に入ってきたとピラニア軍団が集まってくるのだ。釣り糸の先は10cmほどの針金が通してあり、その先に頑丈そうな釣り針がついている。この釣り針に牛肉の細切れを刺して川に投げ込むのだ。釣り天狗と豪語する人ほどピラニア釣りは難しい。当たりが来たら、勢い良く竿を引っ張りあげる。何度か繰り返すうちにコツを掴みピラニアが釣れるようになる。
アマゾンクルーズ&ワールドカップ観戦とアマゾンクルージング 現地ツアー
 
 Timbra号 全長27m キャビン内空調完備  12室 各部屋にトイレ、シャワー(冷水)完備、船内でTV視聴可能
1. アマゾンクルーズ&ワールドカップ観戦送迎 2泊3日クルーズ(6月12日~14日)
手配料金 : 一人部屋ご利用: US$1,770.00 二人部屋ご利用のお一人様当たり:US$1,180.00 
パッケージに含まれるもの:船での宿泊、日程に記載されているアクティビティー、乗船中の食事、ミネラルウォーター、日本語ガイド、英語ガイド、トランスファーIN & OUT、スタジアムまでの送迎
パッケージに含まれないもの:ランドリー、アルコール飲料、ソフトドリンク、チップ、ゲームの入場券など
予約・キャンセル条件:50%予約料を支払い予約完了、残金は30日前までに支払完了。
61日前までのキャンセル:予約金返金(送金手数料減額)
60日~31日前までのキャンセル:キャンセル料として50%支払、残金をお送りします(送金手数料減額)
30日前からのキャンセル料:100%支払となり、全額戻りません。
6月12日(木) 空港またはホテルから港へ送迎
Timbra号に乗船→二河川合流点観光→野生ワニの見学クルーズ→夕食
6月13日(金) ジャヌワカ湖停泊→サンライズクルーズ→朝食→ピラニアフィッシング→昼食
→イガラペ・プレト村訪問→エンカンタンド湖クルーズ→夕食
6月14日(土) パゴドン停泊→ジャングルトレッキング→朝食→ネグロ湖を遡上→ピンクイルカと泳ぐツアー
→昼食→マナウス着→船内で夕食→下船→ホテルまたは空港へトランスファー(サービス終了)
サッカー観戦の方はサッカー場へトランスファー→ゲーム終了後、
空港またはホテルへトランスファー(サービス終了)(24:00)
2. アマゾンクルーズ&ワールドカップ観戦送迎 2泊3日クルーズ(6月23日~25日 & 6月26日~28日)
手配料金 : 一人部屋ご利用: US$1,770.00 二人部屋ご利用のお一人様当たり:US$1,180.00 
パッケージに含まれるもの:船での宿泊、日程に記載されているアクティビティー、乗船中の食事、ミネラルウォーター、日本語ガイド、英語ガイド、トランスファーIN & OUT、スタジアムまでの送迎
パッケージに含まれないもの:ランドリー、アルコール飲料、ソフトドリンク、チップ、ゲームの入場券など
予約・キャンセル条件:50%予約料を支払い予約完了、残金は30日前までに支払完了。
61日前までのキャンセル:予約金返金(送金手数料減額)
60日~31日前までのキャンセル:キャンセル料として50%支払、残金をお送りします(送金手数料減額)
30日前からのキャンセル料:100%支払となり、全額戻りません。
6月23日(月)
6月26日(水)
空港またはホテルから港へ送迎
Timbra号に乗船→二河川合流点観光→野生ワニの見学クルーズ→夕食
6月24日(火)
6月27日(木)
ジャヌワカ湖停泊→サンライズクルーズ→朝食→ピラニアフィッシング→昼食
→イガラペ・プレト村訪問→エンカンタンド湖クルーズ→夕食
6月25日(水)
6月28日(金)
アカジャツバ湖停泊→朝食→ネグロ湖を遡上→ピンクイルカと泳ぐツアー→アカジャツーバ湖発
→昼食→マナウス着→下船→ホテルまたは空港へトランスファー(サービス終了)
サッカー観戦の方はサッカー場へトランスファー→ゲーム終了後、
空港またはホテルへトランスファー(サービス終了)(18:00)
(6月28日はゲームがない為、トランスファーは14時前後となります)
3. アマゾンクルーズ&ワールドカップ観戦送迎 3泊4日クルーズ(6月15日~18日 & 6月19日~22日)
手配料金 : 一人部屋ご利用: US$2,370.00 二人部屋ご利用のお一人様当たり:US$1,580.00 
パッケージに含まれるもの:船での宿泊、日程に記載されているアクティビティー、乗船中の食事、ミネラルウォーター、日本語ガイド、英語ガイド、トランスファーIN & OUT、スタジアムまでの送迎
パッケージに含まれないもの:ランドリー、アルコール飲料、ソフトドリンク、チップ、ゲームの入場券など
予約・キャンセル条件:50%予約料を支払い予約完了、残金は30日前までに支払完了。
61日前までのキャンセル:予約金返金(送金手数料減額)
60日~31日前までのキャンセル:キャンセル料として50%支払、残金をお送りします(送金手数料減額)
30日前からのキャンセル料:100%支払となり、全額戻りません。
6月15日(日)
6月19日(木)
空港またはホテルから港へ送迎
Timbra号に乗船→二河川合流点観光→野生ワニの見学クルーズ→夕食
6月16日(月)
6月20日(金)
ジャヌワカ湖停泊→サンライズクルーズ→朝食→ピラニアフィッシング→昼食
→イガラペ・プレト村訪問→エンカンタンド湖クルーズ→夕食
6月17日(火)
6月21日(土)
パゴドン停泊→ジャングルトレッキング→ネグロ湖を遡上→朝食→アナビヤーナス群島
群島間クルーズ→サンセットツアー→ナイトクルーズ→夕食
6月18日(水)
6月22日(日)
アカジャツバ湖停泊→朝食→ネグロ湖を遡上→ピンクイルカと泳ぐツアー→アカジャツーバ湖発
→昼食→マナウス着→下船→ホテルまたは空港へトランスファー(サービス終了)
サッカー観戦の方はサッカー場へトランスファー→ゲーム終了後、
空港またはホテルへトランスファー(サービス終了)(18:00)