略歴

長坂優氏の略歴  (俗称:アマゾンの長  自称:アマゾンの百姓)

1940年 昭和15年愛知県岡崎市に生まれ静岡市清水育ち

1960年 東京農業大学農学拓殖学科入学

1963年 在学中、外務省海協連、日本学生海外移住連盟(六七大学加盟)派遣の中年米調査団員として、
1年間アマゾン研修を体験 (1964年帰国)

1965年 東京農業大学卒業と同時にアマゾンに移住 (ベレンから360km離れたパラゴミナスに入植)
  
1967年 パラゴミナスよりマラリアに冒され意識不明のまま3日間かけてベレン病院に運ばれ手当を受ける
  
1967年 病院で看病にあたった女性・攪上ツヤ子さんと結婚、カスタニアールに入植
  
1968年 サンタ・イザベル・ド・パラーに入植し、20年間で4300ヘクタールを開墾
元サンタ・イザベル日本語学校校長、元パラエンセ産業組合理事長
元アマゾン農牧技術振興協会会長(青年北米派遣)
元サンタ・イザベル・サントアントニオ日伯文化協会会長
元汎アマゾニア日伯文化協会環境創生副委員長
  
1990年 アマゾニア森林保護植林協会(Associação Florestal de Amazonia)-AFAを設立 植林活動開始
  
1994年 草の根講演の為に訪日、オーナー制植林を開始
  
1997年 「国際ソロプチミストの森」植林(現在11団体)
  
1998 年 AFA 協会、国際ソロプチミスト日本財団より国際環境団体賞
  
1999 年 秋田県大潟村の森、愛知県神森家の森植林
  
2000 年 AFA 協会、日本環境財団より支援受ける
  
2001 年 日本ロータリークラブの森植林開始(現在 31 団体)
  
2002 年 日本ライオンズクラブの森植林開始(現在 29 団体)
  
2003 年 島根県穴道町の森植林、岡山県自然共生の森植林
  
2005 年 新潟県越後の森植林開始
  
2006 年 ㈱コロナの森植林 倫理法人会の森(新潟、静岡他 8 団体)
  
2015 年 5 月 20 日 広島県呉市で逝去
  
附記
1994 年より訪日し、自然保護の草の根講演開始(40 回の訪日 43 都道府県 2,745会場で話す。) 2015 年 5 月現在。
  
1996 年より毎年日米より植林ツアー企画実施(2015年7月現在迄日本から 556名、米国から38名来訪)
現在 AFA 協会 日米に事務局 43県に支援支部誕生(アマゾン会)