ライオンズクラブ国際協会100周年船橋地区 記念講演会

 

1.開催趣旨
地球温暖化問題が深刻化される昨今、Co2排出を抑止するエネルギー政策が必要とされています。2015年パリで開催されたCOP21では、日本は2030年までに2013年比、温室効果ガスを26%削減すると約束をしました。その目標を目指す為、日本はどのようなエネルギー政策が必要になってくるのでしょうか、私たち国民一人一人が考えて行かなくてはなりません。
また、Co2削減を目指す一方、地球環境の保全として酸素を供給する植樹活動も極めて重要な問題です。乱伐に喘ぐ熱帯雨林の再生に向けて、ここではアマゾンの現状とそれに取り組んでいる一端を紹介し問題意識を共有したいと思います。
この度、一般社団法人原子力国民会議共催のもと、有馬朗人先生(元文部大臣兼科学技術庁長官、原子力国民会議共同代表)をお迎えしてエネルギー問題についてご講演を頂き、Co2削減、植林活動 等を通して地球規模での環境保全について皆さんと一緒に勉強したいと思います。

2.開催概要
(1)日時 : 平成28年11月3日(木・祝日)
18:30~21:00(18:00開場)
(2)会場 : 船橋きららホール
〒273-0005千葉県船橋市本町1-3-1フェイスビル6階
TEL:047-423-7261

■進行次第(プログラム)
18:00 会場
18:30~21:00 セミナー
① 開会の辞
② 主催者挨拶
③ 来賓者挨拶(2名)
④ 講演者紹介(原子力国民会議)
⑤ 有馬朗人氏講演(質疑含む)
(講演70分 質疑20分)
――  休憩  ――
⑥  熱帯雨林(アマゾン)の現状と植林活動
⑦  閉会の辞

p1090295b p1090297b
 p1090298b  p1090299b
 p1090301b  p1090329b
 p1090375b  p1090382b
 p1090398b  p1090404b
 p1090409b  p1090413b
 p1090415b  p1090416b

Leave a Reply