追悼文

再会を約束した次の日に

長崎市 飛永まさみ

 

世界がリオ・オリンピックでブラジルを注目する中、長坂さんが浮かんできてなりません。

長坂優氏ほど特異な生涯を送った人を私は身近に知らない。

2010年1月、全国からの参加者と共にアマゾンでの植樹を体験し、一族の方々に饗応を受けて以来すっかり心服してしまった。

この人の活動や人生を広く知って貰いたい、そう願い続けて独りで、氏を招いて講演会を開き、ささやかながら支援を行ってきた。三度目の講演は東日本大震災の直後だったので、その時の参加費を義捐金に送ることを申し出ると、長坂氏は快諾して下さった。

それでも、もっと多くの人々に彼の活動や人生を知らせたくて。2015年、所属している同人誌36号に「アマゾンの語り部」としてエッセイを掲載した。

隅々長崎へ立ち寄られた5月19日、出来上がったばかりの本を長坂氏にお渡しすると、読んで大変喜んでくださった。その時、また人を集めますからと、講演のお願いを約束してお別れした翌日、元気そうに見えた長坂氏がまさか帰らぬ人になられるとは・・・・・。

ブラジルから岡崎市に、奥様と御三男が駆けつけられた31日のお別れの席に私も長崎から出かけました。

「大好きだった長崎へお別れに行ったのでしょうかね」、と仰った奥様の言葉が今となっては、せめともの救いです。

あの本は少しずつ読む人が広がり直接聴きたかった、と惜しむ声を聞きます。その度に惜しい人を亡くした大きさを感じます。

長坂優様 一周忌を迎え心よりご冥福をお祈り申しあげます

 

株式会社    自然共生

取締役社長   草地  順子

長坂さんとの出会いは 2002 年頃から新商品の開発のために何度もブラジルを 訪れていた頃でした 。

当社の新商品開発の素材にアサイペリ を取り入れた折には、ベレンの市場を 案内していただ、いたり、現地では.どのように料理し使われているのか教えて頂 いたり、たいへんお世話になりました 。

アサイベリー の輸出もまたブラジ ノレ経済に役立つと考えていらしたよう です。

年 2 回の来日での講演時には必ずお立ち寄りいただき社員と食事をしながらの 歓談をいつのまにか社員全員が心待ちにするよう になりました。 今思えば自然共生は長坂さんと一緒に歩んで来たように感じます 。

初めてお話を聴いた時 、長坂さんの熱い思いと人間の本質を捉えたお話には 雷に打たれたよう な衝撃を受けました。

(その後何度か同じお話を聴くことになるのですが 、なんと、分かつていても お話の同じ所でいつも胸が熱くなるのです)

長坂さんのお話には言霊があり ました。 何のために人は生きるのか 。どう生きるのか。

是非社員にも聞かせてあげたいと何度か講演をしていただき 、さらにお客様 にも聞いて頂きたいと講演会開催をいたしました 。

「私にもお役に立てる事があ って嬉しい」

「将来に何か残したか ったJ などお客様からのお声も多く 植林の和は広が っていきました。

「地球の肺アマゾンに木を植える 」

我々の植えた木が地球上の酸素をつくり続ける。

この壮大な夢を、生きる意味を 、そして子供から孫 、将来に向けて夢と 多くのメッセージを一緒に残して頂きました 。

この度、「訪日草の根講演日程」 を拝見し、壮絶な人生に感動と感謝の気持ちで いっぱいです。多く方々の心に魂を残して行かれたかと 思います。 ご意志を引継ぎ、ここから新たなスタートを切って頂きたいと思います。

長坂優様   一周忌を迎え   心よりご冥福をお祈り申しあげます。

*********************************************

 

■2009長坂氏講演会
弊社お客様宛にご案内を出した講演会です。
お取引先様など、地元岡山を中心に近隣の兵庫県広島県からもお越し頂き
講演会は参加者は数十名になりました。
植林講演会は社員全員一丸となって取り組んだ貴重な思い出です。

2009年4月26日に開催した長坂優氏の講演会「アマゾンに夢を託して」の案内状

(上記をクリックして下さい)

植林会員様の植林の写真を送って頂いた時に同封のお手紙です。
いつもながらの達筆で、植林場の様子と次2月からの来日の予定をお知らせ頂いています。
社員皆楽しみにお待ちしており、4月2日には社員とワイワイといつものように楽しい会食をし
「次は是非奥様を連れて来たい」と嬉しそうにされていたのが懐かしく思い出されます。
翌月、5月20日ご逝去の報に、只々驚くばかりで、このお手紙が最後のお手紙になってしまいました。
短いお手紙に几帳面で暖かいお人柄を感じます。

2015年1月25日付け、長坂優氏からの最後の手紙 ↓

長坂さん手紙
写真データーは2005年12月です。
ブラジルに社員と光本が植林とアサイの取材でベレンを訪れた時のもので自然共生の社員、光本と一緒撮影したものです。植林のお世話して貰っている現地の方と長坂政二様、優二様、拓二様の三人の息子様も一緒に光本と社員2名(加藤・宇野)が行きました。

(最初のご縁を頂いた2人は来日の折は最高に盛り上がるズーと長坂さんのお気にいりです。)

自然共生の看板、植林のプレートは全て長坂さん自ら手書きで準備しておいて下さいました。

植林のお世話して貰っている現地の方と長坂拓二様政二様息子様も一緒に光本と社員2名(加藤・宇野)が行きました。   (最初のご縁を頂いた2人は来日の折は最高に盛り上がるズーと長坂さんのお気にいりです。)   自然共生の看板、植林のプレートは全て長坂さん自ら手書きで準備しておいて下さいました。

長坂優氏自筆の自然共生看板の前で

心を込めて植林、、、大きく育ってネ。

心を込めて植林、、、大きく育ってネ。

無事植林完了

無事植林完了

長坂さんよろしくお願いします。

長坂さんよろしくお願いします。

長坂さんにベレンの市場を案内して頂きました。

長坂さんにベレンの市場を案内して頂きました。

さすが「アマゾンの百姓」何を聞いても博学で一つ一つ説明に熱が入ります。

さすが「アマゾンの百姓」何を聞いても博学で一つ一つ説明に熱が入ります。

体に良い食材を求めてスタッフも耳ダンボです。

体に良い食材を求めてスタッフも耳ダンボです。

カラオケの曲選び♪真剣です。

カラオケの曲選び♪真剣です。

三男・拓二さんとアマゾン河の川下りを楽しむ

三男・拓二さんとアマゾン河の川下りを楽しむ

アマゾン河の風に吹かれて~これは海かと思いました。

アマゾン河の風に吹かれて~これは海かと思いました。

 

2007自然共生来社記念撮影 ご来社時はいつもスーツとネクタイでパキット。かっこ良イイです。

2007自然共生来社記念撮影 ご来社時はいつもスーツとネクタイでパキット。かっこ良イイです。

2007自然共生来社記念撮影・毎年、2回岡山ご来社頂きました。

2007自然共生来社記念撮影・毎年、2回岡山ご来社頂きました。

2008今回の植林活動費のお渡しする。

2008今回の植林活動費のお渡しする。

2008その後スタフと記念撮影

2008その後スタフと記念撮影

アマゾンに越後の森をつくる会160530

「アマゾンに越後の森をつくる会」会長の生越誠一様から次のようなメッセージを頂き、会を解散するに当たって最後の寄付金としてご送金頂きました。

心より感謝申し上げると共に現地から植樹の写真が送られて参りましたのでご報告申し上げます。
エス・エルワールド(株)内にアマゾニア森林保護協会日本事務局の鈴木雅也様宛の手紙です。

 

「前略 電話にて連絡申し上げましたが、「アマゾンに越後の森をつくる会」の最後の送金をいたしました。些少で恐縮ですが私達の会の解散に当たり整理された結果です。

失礼の段お許し願いたいと存じます。

私が長坂さんとお会いしたのは平成13年の10月でした。

十日町市で何回か講演会をしていただいておりましたが、当時の滝澤信一市長が長坂さんいぞっこん惚れ込んで、アマゾンの現地を訪れて長坂さんの行動を確認し、ついに「越後の森をつくろう」と決断するに至りました。

長坂さんの言動は多くの人に感動と日本人としての自信と勇気を与え、私も大学の同窓生として大いなる誇りを感じていました。長坂さんが元気でいる限り支援を続けるつもりでおりました。

昨年の訃報は大変ショックでしたが一つの時代が終わったと考え、私達の団体としての行動は幕を引くことに致しました。

記したいことが山ほどありますが・・・・・、これにえ失礼いたします。

お送りしました少額の資金、長坂さんの一周忌にあたり何本かの樹木に新しい命が芽生えることを願っております。

長坂さんの活動の日本事務局として労を惜しまなかった皆様に深く深く感謝とお礼を申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。

平成28年5月30日

アマゾンに越後の森をつくる会 会長 生越誠一(80歳)

 

アマゾン植林申込書

申込者:

アマゾンに越後の森をつくる会

会長 生越 誠一様

寄付金額: 32,210円

植樹:アカシア・マンギウム  

Acacia mangium Willd.(Mimosaceae/ネムノキ科)を植えました。

20160608_102346_resized

「地球の守り人になろう!」を合い言葉に

新潟県佐渡市
上横山自然公園をつくる会 室岡 甚一

天国の長坂先輩へ!
私は貴兄のご遺志を佐渡の子供たちに継承していきます。「地球の守り人になろう!」を合い言葉に。

佐渡はトキの野生復帰に見られるように環境の島といわれております。
しかしながら昔マツ枯れ今ナラ枯れと森林は荒れ放題となっています。

このような中で出会ったのが長坂先輩のアマゾンにおける植林活動でした。
その動機たるや今でも鮮明に瞼に浮かんできます。先輩が母君とお兄さんを原生林を開墾して造ったアマゾンの広大な牧場に案内したときのことです。「ここ暑いわねー」の一言。自慢していた牧場を、見上げれば原生林の木を一本残さず伐ってしまった。日陰もなく自然破壊をしてしまったことに気づいたのです。
この出来事が植林活動の出発点になり、地球の肺アマゾンを緑にしようと奮闘されたのです。

先輩には2007年から3年続けて佐渡に講演に来て頂きました。特に3回目は忘れもしない2009年11月7日。佐渡の霊峰金北山の麓。どんぐりの森にて第1回植樹祭を行いました。先輩からは両津吉井小学校児童を対象に「なぜ木を植えるのか?」とのミニ講演をいただいての植樹祭でした。なお当日は第16回アマゾン植林ツアー(2009年1月)ご一行の皆様からも全員ご来島いただき、小学校児童がどんぐりの実から育てた苗木を植樹いたしました。最後にどんぐりころころを合唱、歌声が木霊しました。

「どんぐりの森ー上横山自然公園をつくる会」の写真

その時植えたどんぐりの木も大きく成長しました。どんぐりの森の植樹祭は毎年晩秋に行い、今年も10月下旬、第7回目を迎えます。

どんぐりの森は地球温暖化の問題、生物多様性の保全等を考える生きた環境教育の場です。どんぐりの森づくりをとおして子供たちが将来「地球の守り人」となって活躍することを夢見て、活動を続けていきます。

midorinomamoribito 101016asahi-nagasaka

こちらの記事もご覧ください。

「上横山自然公園をつくる会」佐渡は環境の島・・・・・室岡甚一さんの記事」

 

「島の新聞」2010/11/28 – 森も人も健康になるーどんぐりの森づくり