Astel Travel Photo Gallery Elsarvador
サンサルバドール
エルサルバドルの首都、標高689m、人口200万人の都市である。カテドラル、フェルナンド・リオルトの画廊、民芸品ショップ、レストランの写真を紹介します。
イロバスコ
イロバスコはサンサルバドールから54km地点の焼き物の街。土産物店とそこに並ぶカラフルな焼き物、土産物更には陶器の工房を訪ねて撮影した写真を紹介します。
フィエスタ・デル・ソル
ホテル・バイア・ド・スルから出発した観光船は珍しい三ツ股椰子の木の島を訪れ、マングローブの林を見ながらシラサギやペリカンの繁殖地を訪ねた。川面に沈む太陽を眺めながら・・・・・。
ナフィザルコ
ナフィザルコはイロバスコの隣町で家具の街である。街に入ると様々な家具やカラフルなハンモックが店の軒を飾っているのが目に飛び込んでくる。朝市の様子も撮影することが出来た。
フアヤフア
カテドラルを中心に町が広がっている。カテドラルの前の公園では様々な出店が並び、観光用の馬車や馬子が客を待っていた。カラフルな焼き物が見事だった。
ホテル バイア ドラーダ

コスタ・デル・ソルの海岸で海水浴を楽しむ人々、ホテルの中庭で遊ぶコンゴウインコ、ホテル脇のヨットハーバーなどを紹介します。ホテルの正式名称はHotel
Bahia Dorada Costa del Sol – 62室。
サンタレチシア
サンタ・レチシアはコーヒー農園で、ここの開墾時にマヤ文明の遺跡、3体の人型の巨石が発掘された。農園レストランで昼食をとり、コーヒーの選別場などを見学した。
カサブランカ遺跡
日本政府が学術的な資金援助を行い、発掘を行っていた。この遺跡からは藍染めをしていた様子が伺え、日本の技術で藍染めが復活した。この町の特産になればと願った。
サンアンドレス遺跡

エルサルバドルのマヤ遺跡の中でもサンアンドレスの遺跡は大きい方である。資金不足からか発掘は思ったように進んでいない様子だった。
ホヤ・デ・セレン遺跡
首都サンサルバドルから35km西にあるマヤ遺跡。紀元600年頃ロマカルデラ火山の噴火によって埋没した街。1400年の眠りから覚め、当日の生活の様子を見ることが出来る。新大陸のボンベイと呼ばれている。